名水グルメ&
定番お土産

絶品名水グルメ。

名水の恵みを生かした伝統の味は、
地元のおおので食すと格別で、より一層美味しくいただけます。
お越しいただいた際にはぜひご賞味あれ!

あっさりとした味わいで女性に大人気!

醤油カツ丼

福井県の“ソースカツ丼”、“ボルガライス”に続く第3のトンカツメニューとして2010年に誕生したのが“醤油カツ丼”。大野市にある老舗の醤油屋さんが開発したカツ丼専用醤油がきっかけとなって、ジワジワと広がっている新しいご当地グルメだ。
醤油カツ丼の定義は「福井県産の醤油を使用した醤油ダレを使う」「カツ(カツであれば素材を問わない)を盛ること」「たっぷりと野菜(薬味程度ではなくメインとして)を盛ること」の3つのみ。現在は福井県内の50店舗以上でメニューとして提供しており、シシ肉、白身魚、ナス、トマトなど、オリジナリティーにあふれたカツ丼が味わえる。
醤油カツ丼を愛する有志によって結成された「世界醤油カツ丼機構」では、醤油カツ丼を「SK(Soysauce Katsudon)」と略称で呼び、日々SKの普及振興に努めている。「目標は世界基準!」と意気込みも十分だ。

醤油カツ丼WEBサイトへ

大根おろしとだしをたっぷりかけて!

名水おろしそば

大根おろしとだしをたっぷり使って食すそば。
江戸時代に時の領主が非常食としてそばの栽培を命じ、そばに越前産の大根をおろしたものとだしをかける食べ方が推奨されたのが起源とされる。
現在では地域によって食べ方が異なり、そばに根おろしを添えてだしをかけたり、大根おろしをまぜいれただしをそばにかけたりして食す。
市内にはおろしそばを食べられるお店が多く存在。
日本屈指の長寿県で食べられている健康食として、全国的に注目を集めている。

パンフレットダウンロード


何十年も愛されてやまない!

とんちゃん

牛や豚のホルモンを醤油や味噌、ニンニク、唐辛子などで味付けしたもので、越前おおのでは【とんちゃん】と呼ばれいます。
そのままでも勿論ですが、キャベツやもやしなど野菜と一緒に炒めて食べることが多いです。
「とんちゃんうどん」も大人気です。
お店でも食べられますが、テイクアウトでも扱っているお店があるので、キャンプやバーベキューなどでもとんちゃんは大人気!
大野人のソールフードですよ。

とんちゃんを愛でる会WEBサイトへ

純けい

産卵を終えたメス鶏のもも肉と皮を焼いたもので、しっかりとした歯ごたえで、脂ののった焼き鳥。噛めば噛むほど鶏肉の旨味が出てバーベキューに最適!

純けいを買えるお店

油揚げ

油揚げ消費量日本一の福井県。大野市には油揚げを食べる文化があり、何件もの豆腐屋があります。お店ごとに皮がぱりっとしていたり、中身がふわっとしていたり。名水で仕込まれた豆腐をカリッとあげ、大根おろしで食べます。また、甘辛い汁でふわっと煮た揚げはとってもジューシー。

名水のまちのちょっと贅沢な朝ごはん!

めぐみごはん

標高1500m級の山々に囲まれた大野市。朝晩の寒暖差が大きく、山から浸透する雪解け水は川や水田を流れ、田畑で美味しい農作物を育み、豊富な湧水は人々の生活を潤します。そんな大野の4つの旅館では、地元の調味料や旬の食材にこだわった朝食を「めぐみごはん」として提供しています。観光客の方はもちろん、宿泊なしでもご利用いただけるので地元の方にもおすすめです。
大野のめぐみを感じながら、ちょっと贅沢で充実した1日の始まりを。

パンフレットダウンロード

スイーツ

おおのの伝統スイーツ

でっち羊かん

いわゆる水羊羹ですが、越前おおのでは冬の味覚なのが特徴です。
使用人(丁稚)が里帰りするときに持たせたから、使用人でも作れるから、羊羹としては半人前だからなどのいわれがあります。

パンフレットダウンロード

ショコラdeようかん

おおのの冬の定番和菓子「でっちようかん」を、さらに創作スイーツに昇華した新名物「ショコラdeようかん」。でっちようかんにチョコレートが組み合わさったカップタイプの水ようかんです。名水の源である大地を茶、雪解けを白色に見立て、各店舗で各々の商品を出しています。また、ショコラdeようかんをさらに各店舗でアレンジしたお菓子も販売してます。ぜひ食べ比べしてみては?

水まんじゅう

クズや寒天を大野の名水で固め、中にあんが入っている和菓子。お菓子屋によって様々な味が楽しめます。見た目も味も"越前おおの"の名水を堪能できます。

ソフトクリーム

食べ歩きの定番「ソフトクリーム」。大野市には奥越高原牧場があり、新鮮な「生乳」が手に入ります。大野銘菓「けんけら」をふりかけ、触感の違いが新しいソフトクリームや、夢助のしょう油ソフトクリームなど、各店舗でいろいろな味が楽しめます。

お酒

日本酒・ワイン

名水のまち"越前おおの"は水、気候、風土によって、古くから醸造業が発展し、市内には4つの蔵元があります。名水により仕込まれた日本酒は薫り高く、端麗な飲み口となっており、大野市の人気特産品のひとつで、全国の品評会でも高い評価を受けています。また、名水と山ぶどうが生んだワインもあります。野生の山ぶどうはポリフェノールたっぷりで甘酸っぱく、日本らしいワインです。

定番お土産

越前名菓

けんけら

きな粉を水飴で固めた銘菓。
風変わりな名前は剣で切らなければ切れないほどの固さ(剣切羅)から、お殿様に献上したところ「とてもおいしい賢家来(けんけらい)と名を付けてつかわそう」と言われたからとか、宝慶寺の僧”建径羅(けんけいら)”が作ったのが始まりだからなどのいわれがあります。
カリッとした歯ごたえが特徴です。

お米の風味たっぷり!

夢助だんご

越前おおの産のコシヒカリを100%使用。
越前大野産のコシヒカリを名水で「せいろ蒸し」にしたおだんごは、モチモチ感と豊かな米の風味が味わえます。
店頭で注文を受けてから一本一本焼き上げる、アツアツのおだんごをお召し上がりください。

身が締って煮崩れしにくい!

上庄さといも

越前おおのは里芋の県下有数の産地。
独特の粘りと歯ごたえがあり、煮くずれしにくいのが特徴で、特に上庄地区で栽培される里芋は身が締まっており「上庄里芋」として人気があります。
醤油とみりんで煮詰めた「里芋のころ煮」は当地ではおなじみの家庭料理です。

もらってびっくり!

九頭竜まいたけ

豊かな自然の恵みの中で愛情込めて作られた「九頭竜まいたけ」。
まいたけの豊かな風味と歯ごたえをお楽しみください。

江戸時代から続く、夏の風物詩

半夏生さば(はげっしょさば)

越前おおのでは昔から夏至から数えて11日目の半夏生(はんげしょう)の日に、焼きさばを食べる風習があります。
暑くて体力の落ちる夏場の栄養補強にと、藩主が奨励したのが始まりといわれています。

半夏生さばを買えるお店

こうじ・味噌・醤油・酢

こうじ・味噌・醤油・酢

おいしい恵まれた湧き水と冬の厳しい寒さから、この町には醤油や味噌、酢を長年作り続けているお店が多くあります。麹から手掛ける天然醸造醤油のお店や、90年続く醸造元、醤油作りを体験できる蔵もあります。発酵パワーでいつもの料理がよりおいしく、体の中からきれいになること間違いなし!

定番のお土産を買うなら!ココ!

越前おおのグルメガイド パンフレットダウンロード

越前大野の名物やお店の情報やアクセスマップなどが記載されている
まさに“おいしい”情報満載のガイドとなっております。

越前おおの観光お役立ち!

無料Wi-Fi

FREE Wi-Fi

アプリ

越前おおの
観光ナビゲーション

【結なび】

結なび

iphone

android

パンフレット

デジタル
パンフレット